結婚式での電報の種類

新郎・新婦へ送るお祝いのメッセージが結婚式の電報です。特殊な紙で送ったり、ぬいぐるみ電報などのデコレーション系の物も人気です。祝いの席であり、儀式としてのしきたり、マナーを重視しますから、切る、離れる、重ね重ね、度々といった忌み言葉は使わないように気をつけましょう。かしこまって普段使わない言葉を使おうとすると失敗しがちです。電話で祝電を申し込む際には、一般的にはオペレーターに依頼する文を伝えます。文字数で料金が決まりますが、電話する前に文章を決めておくと良いでしょう。もし、文章に自信がない場合は文例を用意してある業者もあります。他にも、ぬいぐるみ、花束を同時に送付できるサービスもあり、個性的な電報を演出できます。披露宴に招待を頂いたのに、諸事情で出席できない時には祝電を通じてお祝いの気持ちをを伝えましょう。

電報が今でも送られる理由

電報というと昔電話が無い時代に用いられていた連絡手段のイメージがありますが、決してそんなことはなく、今でもよく結婚式などでは、お祝いメッセージと言われ送られています。種類は冠婚葬祭に合わせられ数え切れないほどの種類の台紙や文章、最近では生花やプリザーブドフラワーといわれる長期保存が可能な花や、子供に喜ばれるキャラクター柄や、ぬいぐるみなど多種多様で選ぶのも困るくらい種類が豊富です。ですから、電話、FAX、メールなどどこにいても連絡する方法とはまた違って電報で心を込めたメッセージを送るのもたまにはいいでしょう。それでも、文章が苦手で不安な方は適した文例が多いので、自分や送る相手などシーンに合わせたものを選ぶこともできます。価格は安くはないものの、想い出や印象に残るものが多いので、心に伝わることでしょう。

電報の意味と利用の仕方

今は電話やメール、インターネットが主流になりましたが、昔はどんなに急ぎの用事でも手紙や電報でメッセージを伝えなければなりませんでした。しかし、今でもお祝いの時などに使われています。ぬいぐるみなどのプレゼントを付けて送ることも多く、また昔は24時間配達をしていましたが、現在は夜間配達をしておらず、メッセージを送るというより贈り物をするという意味で使われています。アメリカでは電報サービスは廃止になってしまいましたが、日本では国民の必要最低限の通信手段とされており、サービスの見直しや廃止は今のところありません。電報を申し込むには、会員登録が必要になりますが、クレジットカードを使う場合は登録をしなくても利用できます。支払いは、クレジットカードの他に電話料金と一緒に支払う方法もあります。豊富なメッセージサンプルが用意されているので、メッセージを考える手間もありません。気持ちを伝えるギフトとして、気軽に使ってみてはいかがでしょうか。